結婚式挨拶の言葉のマナー

結婚式に招待をされ、挨拶やスピーチを行うことを依頼をされたら、事前に話す内容を書き記したスピーチ原稿を用意をしておくことをおすすめします。新郎新婦の新しい門出を祝福する気持ちがこもったものであれば良いのですが、結婚式ならではの使ってはいけない言葉がありますので、注意が必要となります。使ってはいけない語句は、忌み言葉とも呼ばれます。具体的には、別れる、切れる、帰る、終わるといった終わりを連想させたり、縁起の悪い不吉な語句もタブーです。つい使ってしまいがちな、またまたといった、同じ語句を重ねることもタブーです。

考え方の相違を挨拶で埋める

結婚式が行われるまでの間に、自分のお父さまに対する気持ちが強くなることもあります。このようなことを考えるのは、女性の方が多くいる傾向にあります。女性の方であれば、ご自分のお父さまに対していろいろと言いたいことがあったりするでしょう。なぜそのようなことになってしまうのかと言うと、それは二人が異性であるとの考え方が強くあるからです。男性の考え方と女性の考え方では大きな差があるため、そのような感じになります。結婚式に対してもお互いに思うことはあり、式の最中ではいくら親子であったとしても、そしてお互いに考え方の違いがあったとしても、挨拶をするべき時にはしっかりとお互いに行うことで、心を静めることがお互いにできます。

↑PAGE TOP