結婚式後の挨拶とお礼状について

結婚式が無事に挙行されましたら、招待客に対して会場の出口で新郎新婦、両家の両親とともに参列者に対してお礼の挨拶をします。参列者が一通り帰りましたら、新郎新婦と両親は揃って媒酌人に挨拶をします。以前は披露宴の翌日以降に改めて行ってましたが、多忙な中で時間を割いてもらうのは申し訳ないという考えから、当日に済ませることが一般的です。また、主賓にはお祝いと同額のお車代を渡すのが礼儀です。受付や司会などを知人に頼んだ場合には、それらのスタッフにもお礼と心づけを渡します。結婚式がとどこおりなく挙行され新婚旅行から帰った際には、媒酌人に対して、お礼状を送り感謝の気持ち伝えます。特にお世話になった場合には、お土産や写真を持参して訪問します。人生の門出の一大行事ですので齟齬のないように配慮することが肝要です。

挨拶一つで良くなる人間関係

結婚をされる方とそのおじさまとの関係によって、普段から面識がある方とそうではない方に別れるようにもなります。普段から面識がなければ、自然とお互いが疎遠になってしまうような感じにもなりますが、女性の方である場合には余計にそのような気持ちになります。しかしおじさまの方はそうは思っていない事が案外あったりするものです。そのような事から、女性のみなさんが結婚式を迎える際にはおじさまをしっかりと招待していただき、その当日には挨拶もしっかりとしてみてください。その行為一つで今までのわだかまりが一気に無くなっていく事でしょう。

↑PAGE TOP