結婚指輪の意味と必要性

結婚指輪は人生を一緒に歩んでいく誓いとして結婚式で交換する指輪です。左手の薬指は心臓からつながる大切な血管があるとされており、それが永遠の愛を表しています。そして結婚指輪は常に身に着けるものであり、それによっては慣れていても相手を感じ、その責任や安心、思い合う心を忘れずにいることが出来る効果もあります。そして、常に身に着けるものであるからこそ、シンプルで邪魔にならないデザイン、飽きの来ないデザインが好まれています。

↑PAGE TOP